【留学先におすすめの国】カナダ

カナダ留学の特長とメリット

カナダはアメリカと同じ英語を国語とするキリスト教圏の国です。
世界第二位の国土面積を持つ国でもあり、国内には雄大な自然風景が広がっています。
自治は10州と3準州によって構成されており、首都であるオタワはアメリカとの国境に近いオンタリオ州にあり、すぐ近くにはオリンピック開催都市として有名になったモントリオールがあります。

カナダは世界的に見て非常に教育制度が充実している国であり、生活水準も極めて高いことから留学をしやすい国として人気があります。

カナダ国内にある大学は約90校でありそのほとんどが州立で運営されています。
教育制度はそれぞれの州によってかなり異なる特長を持っていることも大きな特長で、初等教育となる小中高の学校の年数が違っていたり、卒業要件に州統一テストが必要というところがあったりといったことがあります。

しかしながら教育レベルは州によって極端に差がつくというようなことはなく、州立大学ならばどの州のところを選んでも平均的に高い水準の授業を受けることが可能です。

その分入学に際してかなり高い学力を求められることもあるのですが、留学生の場合には編入や条件付き入学制度といった特例もあるので門戸が狭すぎるというようなことはありません。

カナダ留学の方法・学校選び

日本からカナダへ留学をする割合が最も高いのは英語習得のための語学留学です。
語学留学はかなり多くの学校で受け入れをしているので、短期でも長期でも自分のレベルに合わせて学校を選ぶことができます。
語学留学だけでなく本格的な大学入学もすることができるので、各州にある大学の特長を調べてみることが勧められます。

なおカナダは英語が公用語となっていますが、歴史的には英国とフランスからの移住者が現在までの国を形成しているため、学校によってはフランス語を専門にしているところも見られます。
語学留学をするなら英語とともにフランス語の勉強をしにいくというふうにするとより便利と言えます。

高校卒業後の進学先としてのカナダの学校は2年制のカレッジと4年制の大学の二種類があるのですが、ブリティッシュコロンビア州とノバスコシア州の2州にはカレッジと大学の両方のカリキュラムから選ぶことができるユニバーシティカレッジという珍しい形態の学校があります。

カナダ留学をするときにかかる費用は地域によって異なりますが、バンクーバーの学区では留学生の年間学費を一定に定めているなど特殊な例もあります。

私立学校の場合には直接学校に問い合わせをすることで資料を送ってくれますが、公立の場合には対応がそれぞれ分かれます。
入学前には英語の成績を示す成績証明書やスコアを提示する他、健康診断書や推薦状などが必要になります。

“Wow”だけじゃない!英語の感嘆詞フレーズ

日本語もびっくりという表現はたくさんあります

日本語でびっくりという表現はいろいろあります。
「わっ!」「ええっ?!」「ギャーッ!」このほかにも、「本当?」「びっくり!」「ウソでしょ?」なんていうときもあります。
でも英語でびっくりした時って、大体日本人に言わせると「Wow」になってしまいませんか。

日本語の場合、ニュアンスが伝わるのかもしれないけれどWowだけではどういうびっくりなのかわかりません。
こういう風にびっくりしたけれど、英語でどんなふうに伝えたらいいのかわからない……ということ、結構あります。

わー素敵、綺麗!というとき

Wowという表現はびっくりというよりも、感動した、美しすぎて驚いた、「わあ!なんて素敵なの」というときに利用されるのであって日本語でいう「わっ!びっくりしたなーもう!」という表現とはちょっと違います。
ではびっくしたなーもう!というときはどういうのか?というと、「Oh」です。
「彼と別れたって気いたわよ」「え?そうなの?びっくり!」というときは「Oh」です。
びっくりしたーというリアクションはまさしく、「Oh」です。

うわぁ……気持ち悪い……というとき

驚く表現でも、気持ちが悪い、無理……げー……という日本の感じ方には、「Yuck」という言葉が一番合っています。
この言葉は、汚い、気持ち悪いものを見た時、感じたときに利用する言葉です。
うえ……というときなどにも「Yuck」という言葉で充分表現できます。

いやー危なかったー…ふぅ…というとき

びっくりした時ではなく、びっくりの後にホッとした時「ハア」とか、「いやー驚いた」などと日本語では言いますが、英語になると「Phew」です。
こうした英語の感嘆詞を知っているとより英語の表現力が豊かになります。
ただびっくりしたとか、そうなの?というのではなく、うわーびっくりした、ええ?そうなの?危なかったーふぅーなど、こういう日本語で表す言葉を英語で言えるようになると、より一層、英語が豊かに聞こえますし、表現力豊かな英語だなと感じることができるのです。

感嘆詞を活用するということも、英語のレベルアップにつながります。
恥ずかしがらずにどんどん使って英語の表現力を磨いていきましょう。

英語の力を上げると自分自身に自信をつけることができるので、これからの国際社会で出活躍する事が可能になり、後悔しない毎日送る事ができます。
長い目を見ても英語の力を上げることは欠かせないのです。

名作映画から学ぶ「ビジネスで使える英語フレーズ 」

素晴らしい言い回しがいっぱい

日本に暮らしていても、やっぱりハリウッド映画は素敵だと思うし、ほかの国の映画も本当に素敵、映画なら字幕を読みながらでも必死に英語を聞けるのに、英語の授業のリスニングだとどうしてつまらなくなってしまうだろう・・・そう思うのなら、映画の中に英語の勉強を活かしていきましょう。
特に、学生さんが使う英語ではなくビジネス英語は、映画の中に沢山のヒント、使える英語がどんどん出てきます。

素敵な映画を見ながら、英語の勉強ができるのなら、これはぜひ、自分の勉強法に取り入れましょう。
取引先の方にふと、粋なビジネス英語をいえたら、この女性、使えるな?この男性、なかなかやるじゃないか?とみなおしてくれるかもしれません。

こういいたかったんだよね

例えば海外の彼と喧嘩してかなり落ち込んでいる時、素敵な一言を言って元気づけてあげたいと思いますが、なかなかこういう言葉というのは日本の英語の学習で習うことがありません。
日本の英語はまさしくかたくて、英会話に利用できる学校の英語の勉強なんてほとんどないのですから。
お友達は彼と喧嘩してかなり落ち込んでいる、もう自分はダメ人間だ、上司に嫌われてしまったなんて言っている時、「完璧な人なんていないよ」というのは簡単、でも、こういってみるとなんて思いやりがあるの?と思うかもしれません。

「Maybe it is our imperfections which make us so perfect for one another.」これはエマという映画で利用されたセリフですが、お互い欠点がるからお似合いのカップルなのよという意味です。
喧嘩してしまって落ち込んでいるけど、怒られたり、怒ったりできる欠点があるからこそ、カップルとして成長していけるんじゃない、と慰めているように感じます。

ただ慰めるのではなく、喧嘩しても絶対にあなたたちはお似合いよと言っているのです。
こんな言葉を友人からもらったらきっと泣いてしまいますし、大切な彼をもっと大切にしなくちゃと思ってくれるかもしれません。

大人の恋愛の中で知っておきたい名言です

プラクティカル・マジックという映画の中でFall in love whenever you can.というセリフがあります。
このセリフは○○するときはいつでも、という意味がありますが、恋できるときはいつでも恋をしておきなさいねという意味です。

例えば仕事と好きな人のことで悩んでいても、今しかその恋はできないかもしれない、この後、こんなに人のことを好きになったり、大恋愛となるような恋はないかもしれない、だからこそ、今この時を大切に、恋をしておきなさいねなんてセリフ、粋です!

洋画の中には日本人が使わないような粋なセリフがぼんぼん出てきます。
英語の勉強になるのはもちろんのこと、人生の勉強にもなります。