留学中の携帯電話はどうすればいい?

国内にいるうちに準備しておきたいモバイルプラン

いわゆる「ガラケー」が主流だったときには、販売機種のうち海外での使用が可能な機種は非常に限定されていました。
しかし現在スマホやタブレットが主流になったことで、ほとんどの機種は特別に表記がなくても当然に海外でも使用ができるようになっています。

大手キャリアでは海外の通信会社と提携してそのまま通話使用ができるローミングサービスも提供しているので、現在契約しているキャリアは海外で使用可能か、可能なら料金はいくらで換算されるかということを詳しく調べてみるとよいでしょう。

向こうで使用するのだから現地で購入・契約した方がよいと考えるかもしれませんが、国内通話ならともかく国際電話として使用するときには料金体系が複雑でわかりにくく、思わぬ高額請求が来てしまうこともあります。

また留学中に海外の別のキャリアと契約をするために日本で契約していたキャリアを解約してしまうと、帰国後に番号が変わってしまうことでそれまでのつながりが維持しにくくなってしまいます。

できるだけ日本でした契約はそのまま継続するようにして、留学中から帰国をしてからも同じ番号で使用できるようにすることが勧められます。

今や海外渡航の常識となっているモバイルWi-Fi

海外から日本を訪れる観光客から寄せられる不満意見で最も多いのが「公共Wi-Fiを使用できるスポットが少ない」ということです。
逆に言うと先進諸国は日本の国内よりもずっと公共の施設で使用できるWi-Fi環境が整っているということになります。

ですのでこれから海外に行く場合には現地で使用可能なモバイルWi-Fiを持っていくのが非常に便利です。
モバイルWi-Fiは国内でも利用者が増えている通信機ですが、これらの多くは月額料金が一定でネット通信が使い放題となっています。

土地勘のない海外での生活ではインターネット検索は非常に重要になってくるので、国内にいるとき同様にすぐに通信ができるモバイルWi-Fiは絶対に準備しておきたいアイテムです。

なおモバイルW-Fi契約の多くは携帯キャリアが提供するローミングサービスよりもかなり料金が割安となっているので、緊急時以外はWi-Fiで通信するというようにしておいた方が留学費用を安くおさえることができます。

国際電話で長電話したいという場合には携帯電話ではなく「国際電話カード」を使用する方法もあります。
国際電話カードとは、発行されたカードに記載されているIDとパスワードを入力することで電話をかけることができるというプリペイドカードのようなものです。
このカードを使用すると料金が事前にわかりやすく、かつ安く通話ができるというところが便利です。

留学中にホームシックにならないか不安な時は…?

ホームシックになりやすいケースを考えてみる

留学をするときには短い場合でも数週間、長い場合には何年も親元を離れて生活をしていくことになります。
留学説明会などでもよく聞かれる質問の一つに「ホームシックになって帰りたくなったことはないか?」といったことがあります。

結論から言うと、留学を成功させている人の多くはそもそもあまりホームシックという状態にはなっていないようです。
逆にせっかく留学をしてはみたものの思ったような学習をしていくことができなかったという人の多くが早い段階からホームシックになっています。

留学中に起るホームシックの多くは「周囲とうまくコミュニケーションができないことからくる孤独感」に由来しています。
いくら語学の勉強をしてから留学をしたといっても、そもそもの考え方が全く異なる人達に囲まれる環境に飛び込むわけですから、慣れないうちは自分をうまく出すことができずに周囲から浮いた存在になってしまいます。

しかしそこで萎縮をしてしまっては留学というせっかくのチャンスを活かすことができません。
ちょっと乱暴な言い方になりますが、仮にホームシックのような感情が起こったときにもあえてその弱みを見せずに前向きに行動していくという気持ちの準備が留学中には必要です。

集団生活を当然と思わず自分のペースで

傾向的にホームシックを感じやすい人として「親元から離れた経験がほとんどない」「出発前には常に大勢の友人に囲まれていた」「人見知りしやすく自分から話しかけるのが苦手」といったことが挙げられます。

留学中のホームシックというのは突き詰めれば「今よりも昔の環境の方がよかった。戻りたい」という気持ちに由来します。
これは出発前の環境に満足しており、それが当たり前であると思っていたということにほかなりません。

しかし留学中というのはそれまでの当たり前が通用しない世界です。
もしホームシックにかかりそうになったら、自分の中で周囲の環境の当たり前を決めつけていなかったかということを振り返ってみてください。

「周りが自分のことを気遣ってくれて当たり前」「友人たちに愛されて当たり前」といった周囲への甘えが必ずどこかにあるはずです。

留学先として一般的な欧米諸国ではかなり若い年齢から自分で考えて行動する自立心を求められます。
前向きに考えればホームシックを感じたということは、それまでの自分から大きく成長する試練に直面しているというふうにも言えます。

ピンチだからこそそれを自分を高めるための糧にできるのだというくらいのポジティブシンキングが留学を成功させるためには必要になってきます。
どうしても辛いという時には留学サポートセンターで相談するという方法もあるので頑張ってもらいたいです。

高校で留学デビューするメリットとは

早期留学をするメリットとは

私達が普段「留学する」ということを口にするとき、そのほとんどが高等学校卒業後もしくは大学在学中のこととしてとらえています。

しかし実際には留学という行動はしようと思えば小学校入学前から行うことができ、日本語の十分な習得以前に海外に渡りそこで現地の教育を受けさせるということができます。

いわゆる「帰国子女」と呼ばれる人たちは積極的な留学というよりも両親や保護者の都合により子供の時から海外の学校に通いのちに国内に戻ってきた人たちなので厳密には早期留学者ではありません。

ですが学生時代に一人くらいは遭遇したことがあるであろう帰国子女と言われる人たちは、日本でずっと教育を受けてきた人と比較してものの考え方や生活態度に明らかな違いがあります。

日本という国の是非はともかくとして、ずっと国内の教育を受け続けていることでどうしても狭くなってしまう視野というものは存在します。

今後国際的に通用する人材を目指したいと思っていたり、日本だけではない海外の企業での就職をしたいと思っているならば、わざわざ高等学校卒業まで待たず高校から留学デビューするという方法を強く勧めます。

国によっては高校から宿舎で生活できるところも

先に留学は何歳からでもできると書きましたが、だからといってまだ10歳にも満たないような幼い子供を親元から離し、現地で一人の生活をさせるというのは現実的な話ではありません。

そのため中学二年生にあたる14歳までは1年以上の留学を単身で行うことは実際にはほとんど行われておらず、仮に早期留学をするにしても親を同伴するような短期の留学プログラムに参加するという形が取られています。

それが中学三年生からの15歳になるとイギリスなど一部の国で宿舎に入った自律的な生活を行うプログラムが用意されるようになっているので、一気に留学へのハードルは低くなります。

イギリスでは伝統的に早くから親元を離れた自律的な学校生活が行われてきており、同様の教育制度をとっている学校は他にも世界各国にあります。

15歳からの留学の場合には16歳からの入学に備えまずは入学資格を得るためのコースを受講します。
留学先の受け入れ学年はその学校の行う試験や適性検査によって判断をされることになるので、場合によっては数年の遅れが発生することもあります。

また海外の学校制度は日本のように6・3・3とはっきり区分けをされているわけではなく、小中高が一貫した教育システムになっているということもよくあります。
そのため途中から留学する場合には日本の学校教育レベルでどのあたりになるのかということを都度調べ、必要な試験を受けていかなければいけません。