【留学先におすすめの国】中国

世界大学ランキングで年々存在感を高める中国

日本においても何かと話題になることが多い中国ですが、特にここ20年ほどの文化的躍進には目を見張るものがあります。

その国の教育・研究レベルを比較する世界大学ランキングでも中国の大学が年々上位にランクインされるようになっており、存在感はかなり大きくなっています。

2017年度のランキングでは上位100位に入った中国本土の大学は6校で、日本と韓国がいずれも5校ずつであったことと比較すると、その勢いは一目瞭然です。

中国の大学内でトップにランクインしたのは清華大学の25位で、以下北京大学の38位、復旦大学の40位、上海交通大学の62位などと続いていきます。

日本でトップの東京大学が同じランキングで第28位であることを考えると、中国への留学は単純に中国語を学ぶ語学留学ではなく、より高度な研究をしたい学生にとっても望ましいものとなっていると言えるでしょう。

日本からは距離的に近いということもあり、中国への留学は多くのプランから選ぶことができるようになっています。

短期留学や長期留学だけでなく、提携校での交換留学も多くの大学で実施しているので、探してみると案外安くお得な留学プランが見つかるかもしれません。

大学での講義はいきなり中国語か英語

中国に留学する目的で最も多いのはやはり中国語の取得でしょう。
日本語と中国語は同じ漢字を使用することが多かったり、文化的に近いところもあるのでなんとなく理解できそうな気がしますが、実際に語学として習得するのはかなりの困難が伴います。

というのも中国語の文法は理解することができても、発音として中国語を理解するのは難しく、留学をしてすぐに中国人のネイティブスピーカーと会話をすることはまずできません。

留学をしてから中国語を勉強しようと思っているならそれはかなり危険です。
というのも中国の大学においては留学生を受け入れしてはいるものの、授業はいきなり中国語もしくは英語で行うこととなっているので、ゼロから勉強をするのはかなり無茶になってしまいます。

そのため中国留学を考えているなら、まずは日本国内で長文読解や作文などができるようによく勉強しておき、ある程度の会話力が備わってからにするのがおすすめです。

中国人は日本と異なり、とにかく議論において問題解決をするという文化があるため、話し合いができるレベルになっておかないと日常生活でもかなり苦労することになってしまうでしょう。

中国留学をする時には留学後の目標までしっかり考えて臨むことで、よりモチベーションを維持しやすくなります。

経済発展著しい中国では現地で外国人を採用する企業も多く、中国向けビジネスを行う外資系企業もかなり多くあります。