高校で留学デビューするメリットとは

早期留学をするメリットとは

私達が普段「留学する」ということを口にするとき、そのほとんどが高等学校卒業後もしくは大学在学中のこととしてとらえています。

しかし実際には留学という行動はしようと思えば小学校入学前から行うことができ、日本語の十分な習得以前に海外に渡りそこで現地の教育を受けさせるということができます。

いわゆる「帰国子女」と呼ばれる人たちは積極的な留学というよりも両親や保護者の都合により子供の時から海外の学校に通いのちに国内に戻ってきた人たちなので厳密には早期留学者ではありません。

ですが学生時代に一人くらいは遭遇したことがあるであろう帰国子女と言われる人たちは、日本でずっと教育を受けてきた人と比較してものの考え方や生活態度に明らかな違いがあります。

日本という国の是非はともかくとして、ずっと国内の教育を受け続けていることでどうしても狭くなってしまう視野というものは存在します。

今後国際的に通用する人材を目指したいと思っていたり、日本だけではない海外の企業での就職をしたいと思っているならば、わざわざ高等学校卒業まで待たず高校から留学デビューするという方法を強く勧めます。

国によっては高校から宿舎で生活できるところも

先に留学は何歳からでもできると書きましたが、だからといってまだ10歳にも満たないような幼い子供を親元から離し、現地で一人の生活をさせるというのは現実的な話ではありません。

そのため中学二年生にあたる14歳までは1年以上の留学を単身で行うことは実際にはほとんど行われておらず、仮に早期留学をするにしても親を同伴するような短期の留学プログラムに参加するという形が取られています。

それが中学三年生からの15歳になるとイギリスなど一部の国で宿舎に入った自律的な生活を行うプログラムが用意されるようになっているので、一気に留学へのハードルは低くなります。

イギリスでは伝統的に早くから親元を離れた自律的な学校生活が行われてきており、同様の教育制度をとっている学校は他にも世界各国にあります。

15歳からの留学の場合には16歳からの入学に備えまずは入学資格を得るためのコースを受講します。
留学先の受け入れ学年はその学校の行う試験や適性検査によって判断をされることになるので、場合によっては数年の遅れが発生することもあります。

また海外の学校制度は日本のように6・3・3とはっきり区分けをされているわけではなく、小中高が一貫した教育システムになっているということもよくあります。
そのため途中から留学する場合には日本の学校教育レベルでどのあたりになるのかということを都度調べ、必要な試験を受けていかなければいけません。