【留学先におすすめの国】インド

世界最大の英語人口国であるインド

インドは世界第二位の人口を有する巨大国家です。
人口は国内に13億人以上おり、その人の数によるエネルギーはかなり力強いものがあります。

かつてはインドというと発展途上国という印象が強くありましたが、アジア地域の経済発展に伴いインドの首都部は急激に都市化が進んでおり、積極的にインド留学をする学生の呼び込みも行っています。

インドは人口の多さもあり、国内では非常に多くの言語が使用されています。
国内の公用語はヒンディー語で、準公用語は英語です。

英語人口では世界ナンバーワンとなっており、英語を学習するための語学留学としても多くの人に利用されています。

なおインド国内には22の指定言語と2000の方言があると言われています。
そのことを示すことわざが「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる、100マイル行けば言葉が変わる」というものです。

インド国内においては国民の初等・中等教育では3言語を必修としており、自分の母語もしくは州の指定言語をベースに、ヒンディー語と英語を必ず学ぶことになっています。

インドで英語が公用語とされているのは、長年にわたりイギリスの植民地にされてきたという歴史が関係しています。

独立国家となった現在においてもビジネスコミュニケーションにおいては英語が公用語になっており、グローバル企業も多くインド国内に設置されました。

イギリス英語とも異なるインド英語

インドで当たり前に耳にする英語ですが、これは厳密にはイギリス英語とも若干異なる「インド英語」と言ってもよいものです。

外国人に向けた語学学校では先生がきれいな英語を教えてくれますが、市内に出て一般のインド人と触れ合う時にはどうしてもインドなまりのある英語で接することになってしまいます。

またインド人の英語文法の使い方はかなり独特なことが多いので、インド的な英語を身に着けてしまうといかにも「インドっぽい」話し方になってしまうかもしれません。

もしネイティブと触れ合えるような高度な語学力をつけたいと思っているなら、インド国内では一般の人の中よりもむしろ学校や会社などで、きちんとした英語を話す人たちと会話を重ねた方がよいでしょう。

インドに留学をする時に最も注意をしたいのが治安と衛生です。
インドは非常にパワーのある国ですが、国内の治安状況や衛生面は、日本と比べるとかなり危ない部分が多くあります。

そうした部分もまたインドの魅力なのですが、日本と同じ感覚で外を出歩いていると思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことになるでしょう。

インドの生活になれるためにはそうした環境面をよく考えて、住居地や学校を慎重に選ぶようにしたいところです。