留学が決まってる人必見!留学の持ち物で忘れやすい物

最初の数週間は生活できるように準備を

留学をするときには国内での引越のように身の回りのものを大量に持ち込むことはできません。
滞在中の宿泊先は、学生寮や外国人向けのコンドミニアム、あるいはホストファミリーのいるホームステイ先が主な場所です。

それらの場所で生活をスタートするときには、少なくとも最初の数週間~数ヶ月の間はそのまま使用できる身の回りのものを持ち込む必要があります。

国内の場合には「必要なものはすぐに近くのお店で買えばいいや」と思ってしまうところですが、海外の場合には日本のようにどこでも24時間開店しているコンビニエンスストアのようなものがない場合が大半であり、必要な日用品をどこで購入したらよいか理解するまで時間がかかることがほとんどです。

いくら事前にその国のことや留学先の様子を勉強しておいたとしても、実際に生活をしてみて初めてわかる苦労というものはありますので、できるだけ慎重に持っていく身の回りのものをチェックしておきましょう。

また仮に日本と同じように近くのお店で日用品を購入できたとしても、その品質が日本と同じとは限りません。
特にサニタリー用品に関しては日本は非常に品質が高いところとされているので、現地のものを使用してみたら肌荒れが起きたといったこともよくあります。

これだけは持って行きたい重要なアイテム

海外に留学をしたときにこれは持っていって便利だったという品物をいくつか紹介します。
まず前述したサニタリー用品として、女性向けの「生理用品」や「化粧品」があります。
直接肌に触れるものは特に健康状態に直結することになってしまうので、現地の製品の信頼性がわかるまではまずは自分の体に合ったものを使用しておくのが無難です。

同じ理由で「常備薬」もいくつかよく使用するものは直接持っていくようにしたいところです。
特に留学したてで環境が激変する時期というのは体調を崩しやすいものなので、胃腸薬や風邪薬、消毒薬や絆創膏といったものは持ち歩くようにしておきたいです。

また実際に留学を経験した人たちの意見で最も役に立ったとされるものとして挙げられているのが「レンタルWi-Fi」と「日本国内で買ったスマホ」です。

欧米や有名な留学先の多くはしっかりインターネットインフラが整えられているので、事前にWi-Fiを使用できるような機器を購入しておくと非常に便利です。

現地でスマホを購入したりするとどうしても細かい部分が外国語表記になるので、緊急で調べ物をしたいときに苦労してしまいます。
大手キャリアの中には海外でもローミングができる便利なプランを用意していたりするので、使用可能なインターネット環境をしっかり確保してから留学しましょう。