【留学先におすすめの国】マルタ

南ヨーロッパの共和制国家であるマルタ

マルタとは、正式には「マルタ共和国」という南ヨーロッパの島国国家の一つです。
語学留学がブームになっている現在ですが、マルタは新しい留学先として少しずつ利用者が増えてきています。

日本からはマルタは移動に時間がかかり、場所も具体的にどこにあるか分からない、という人も多いでしょう。

マルタ島はイタリア半島からちょうど真南の地中海のど真ん中に浮かんでおり、温暖な気候と豊かな自然が印象的です。

公用語はマルタ語と英語で、欧州連合にも加入していることから国内通貨はユーロとなっています。
イギリス連邦にも加盟していることから、島で暮らす人のほぼ全員が英語を使えるので、英会話を学ぶための場所として適していると言えるでしょう。

マルタは小さな国家ですが、過去に多くの国からの侵略を受けてきたということから、島内には多くの文化の痕跡が見られます。

住民も多くの国や地域の血が混ざり合っており、多くの国の文化や風習を学ぶというグローバルな視点を養うことも可能です。

なおマルタ語と英語の他にも、過去にイタリアの支配を受けてきたことからイタリア語に堪能な島民も多く、フランス語で挨拶をされることもあります。

英語だけでなく、他にヨーロッパ系の言語が学びたいと思っている人にとっても便利な留学先ではないでしょうか。

留学費用の安さが魅力

マルタはここ数年じわじわと留学生が増えてきているとはいえ、アメリカやイギリスなどと比べれば留学先としてはまだまだマイナーです。

そうしたこともあって現在留学にかかる費用はかなり安めに設定されており、滞在費も含めてかなりお得な料金で長期滞在をすることができます。

例えば人気の留学先であるオーストラリアの場合は1ヶ月あたりだいたい44万円がかかるとされていますが、同じようなプログラムをマルタで行う場合には34万円程度で可能です。

これは留学者を募るためにあえて費用が安くなるようにプランを組んでいるということが関係しているので、人気が完全に出る前の今だから利用できるお得な価格と言えるでしょう。

もっとも島内の物価はとりたてて安いという印象はなく、むしろ日本よりもやや高いかなと感じる品物もあります。

ただし普通の観光地にあるような高額なレジャーやブランドショップがたくさんあるという訳ではありませんので、島内だけで留学生活を送るなら無駄遣いをするということはないでしょう。

では学校以外の時間はどうやって過ごすかということですが、マルタの最大の魅力は地中海の美しい海ですから、マリンスポーツ一択です。

島ではスキューバダイビングのスクールも多く、ライセンスを取得することも簡単にできます。