留学中の携帯電話はどうすればいい?

国内にいるうちに準備しておきたいモバイルプラン

いわゆる「ガラケー」が主流だったときには、販売機種のうち海外での使用が可能な機種は非常に限定されていました。
しかし現在スマホやタブレットが主流になったことで、ほとんどの機種は特別に表記がなくても当然に海外でも使用ができるようになっています。

大手キャリアでは海外の通信会社と提携してそのまま通話使用ができるローミングサービスも提供しているので、現在契約しているキャリアは海外で使用可能か、可能なら料金はいくらで換算されるかということを詳しく調べてみるとよいでしょう。

向こうで使用するのだから現地で購入・契約した方がよいと考えるかもしれませんが、国内通話ならともかく国際電話として使用するときには料金体系が複雑でわかりにくく、思わぬ高額請求が来てしまうこともあります。

また留学中に海外の別のキャリアと契約をするために日本で契約していたキャリアを解約してしまうと、帰国後に番号が変わってしまうことでそれまでのつながりが維持しにくくなってしまいます。

できるだけ日本でした契約はそのまま継続するようにして、留学中から帰国をしてからも同じ番号で使用できるようにすることが勧められます。

今や海外渡航の常識となっているモバイルWi-Fi

海外から日本を訪れる観光客から寄せられる不満意見で最も多いのが「公共Wi-Fiを使用できるスポットが少ない」ということです。
逆に言うと先進諸国は日本の国内よりもずっと公共の施設で使用できるWi-Fi環境が整っているということになります。

ですのでこれから海外に行く場合には現地で使用可能なモバイルWi-Fiを持っていくのが非常に便利です。
モバイルWi-Fiは国内でも利用者が増えている通信機ですが、これらの多くは月額料金が一定でネット通信が使い放題となっています。

土地勘のない海外での生活ではインターネット検索は非常に重要になってくるので、国内にいるとき同様にすぐに通信ができるモバイルWi-Fiは絶対に準備しておきたいアイテムです。

なおモバイルW-Fi契約の多くは携帯キャリアが提供するローミングサービスよりもかなり料金が割安となっているので、緊急時以外はWi-Fiで通信するというようにしておいた方が留学費用を安くおさえることができます。

国際電話で長電話したいという場合には携帯電話ではなく「国際電話カード」を使用する方法もあります。
国際電話カードとは、発行されたカードに記載されているIDとパスワードを入力することで電話をかけることができるというプリペイドカードのようなものです。
このカードを使用すると料金が事前にわかりやすく、かつ安く通話ができるというところが便利です。