【留学先におすすめの国】ニュージーランド

ニュージーランド留学の特長とメリット

オーストラリアに並び親日性が高く、生活環境のよさで高い人気となっているのがニュージーランドです。
記憶に新しいところで2011年にニュージランドのカンタベリーで大地震が起きたというニュースがありましたが、そのときに数多くの日本人留学生が被害に巻き込まれました。

地震災害において被害を被ってしまった方々には心が痛みますが、そのときのニュースで日本人のニュージーランドへの留学生の多さを知ったという人もいたのではないかと思います。

ニュージーランドは本来政治的にとても安定しており、福祉制度や社会保険制度の運用状況のよさということで世界的に高い評価を受けています。

国内の主な産業は牧畜で、首都ウェリントンや国内最大都市であるオークランドであっても都市部からほんの少し郊外に向かっただけで雄大な牧草地とそこで生活をする羊たちの群れを見かけることができます。

都市そのものの規模は東京やニューヨークと比較するとややこじんまりした印象がありますが、生活水準は決して低いものではなく多くの家庭で最新式の家電製品や住宅設備を見かけることができます。

非常に家庭生活を重んじる国民性の国であることから、ホームステイで実際のニュージーランドの家庭に入ってみると大変温かく迎え入れてもらえます。

ニュージーランド留学の方法・学校選び

国土面積は決して広い国というわけではありませんので、ニュージーランド国内にある大学はわずか8校にとどまります。
この8校はすべて国公立として運営されており、ほとんどが2月と7月を入学時期として定めています。

国内の大学の間にそれほど大きな学力差はなく、平均的に高い水準で教育を受けることができます。
オーストラリアとニュージーランドの大学機構はかなり近い制度をとっており、それぞれの学校での専門性を重視しているというところが特長です。

どの学校でも実験や実地調査に重きをおいており、世界的に見ても質の高い学問を身につけることができる教育機構であるということで高い評価を受けています。

ニュージーランドでは中高生の頃から日本の大学のようにクラスごとではなく習得する単位ごとに教室を移動するという方法がとられています。
授業を行う1クラスあたりの人数は10~15人と非常に少ないこともあり、地元の人の学習レベルはかなり高くなっています。

そうした個性を重んじるスタイルの教育方針であるため、留学先の大学でも基本的には学生の自主性に任せたカリキュラムとなっており、選択することができる授業の幅もかなり広くなります。

なお日本の高等学校卒業後すぐにニュージーランドの大学に入ることはできず、まずはファウンデーションコースという教育を1年間受けてからの入学となります。