【留学先におすすめの国】フィリピン

東南アジア有数のリゾート地に留学

フィリピンは日本からは南西の方向にある熱帯の島国です。
温暖な気候と美しい海に囲まれた環境は旅行先としても非常に人気が高く、リゾートに訪れたことがあるという人も多いことと思います。

観光を主な産業としていることもあり、フィリピン国内では英語が公用語です。
多民族国家であるフィリピンでは現地の人が使用する言語は約170にも及ぶのですが、公用語は英語とフィリピン語の二種類となっています。

これは過去にフィリピンがスペインに400年に渡って植民地されてきたということと、1900年代からアメリカの統治を受けるようになったことが関係しています。

アメリカはフィリピンを統治するにあたり英語教育に非常に力を入れており、それまでは同じフィリピン人同士でも会話が困難であった状況を変えました。

その結果現在ではほぼ全てのフィリピン人が流暢な英語を話すことができるようになっており、世界で三番目の英語人口にまでなりました。

日本においても、英語教育の重要性が取り上げられるようになった2010年頃からフィリピンに語学留学をする人が増加しており、日本人を含めた外国人向けの英会話スクールが多く存在しています。

フィリピン留学の中でも特に人気が高いのが「セブ島留学」で、これは有名リゾート地のセブ島で楽しく英語を学習しようというプランです。

2017年からは日本人が経営する英語学校も複数設置されており、新たな語学留学先として大きな注目を受けています。

実用的な英語学習をすることができる

フィリピンの語学学校の中でも特におすすめなのが、上記でも紹介した日本人経営者による語学学校です。

というのも日本における英語教育は、いきなりビジネスや観光産業として実践するような実用的な用途というよりも、むしろ企業への就職活動のアピールとして使用されることが多いからです。

是非はともかくとして、大学在学中に語学留学をしようと考える学生の多くは、おそらく採用試験で有利になるような資格や実績を残したいと思うことでしょう。

そこで現地にある日本人向けの語学学校では、ネイティブスピーカーによるマンツーマンレッスンとともに、TOEICやTOEFLのような有名英会話試験で高いスコアを取るための学習も同時に行うことができるようになっています。

試験対策だけならわざわざ留学をする必要はありませんが、そのスコアに対して実際に会話として通用できる力を身につけることができる、というところがメリットです。

セブ島留学では、学校以外の自由時間ではリゾートを楽しむことができる非常におすすめの場所です。
その留学をただの長期観光にしないためにも、留学前にしっかり基礎を身に付け、身になる学習にしましょう。