【留学先におすすめの国】シンガポール

東南アジア地域で治安の良さが魅力

シンガポールは東南アジア諸国の中でも、非常に治安がよいことで知られている国です。
距離的に近いアジア地域は留学先として人気がありますが、一方で不安なのがその国の治安状況です。

実はシンガポールは主要な留学先であるアメリカやイギリスなどの国々以上に治安が安定していると言われており、初めての長期海外生活においても過ごしやすい場所として勧められています。

とはいえ日本と比べた場合に、同じような生活スタイルをしていても大丈夫というわけではありません。
夜間の独り歩きや不用意な金品の持ち出しなどは自ら犯罪を招くようなものなので、まずはシンガポールという国の特徴を良く知り、その上で自己防衛に務めながら留学生活を送るようにしましょう。

留学先としてのシンガポールでは、主に英語研修が行われています。
シンガポールはアジア地域でもいち早くグルーバル化に成功した国であり、都市部には個性的な高層ビル群が並んでいます。

外資系企業の多くが支店を持っていることからビジネススクールも数多く開かれており、語学とともに最新のグルーバルビジネスを学ぶために訪れる学生も多いようです。

中でもロンドンスクール・オブ・ビジネス&ファイナンスは英国王室のPrince Michael of Kentによって支援設立された学校であり、全世界12都市にグローバルキャンパスを持つ有名学校となっています。

シンガポールには2010年にキャンパスが開設されており、全世界150カ国から留学生が入学をし、グローバル企業を中心にビジネス界に進出しています。

イギリス英語と最新のビジネスを学べる

数年前より大人気となっている国際的なビジネス資格であるMBAもシンガポールで取得をすることが可能です。

シンガポールは決して大きな国というわけではないのですが、英国紙であるフィナンシャル・タイムズによると2015年のMBAの(経営学修士号)ランキングの上位100校にシンガポールのビジネススクールが3校ランクインしており、中国に次ぐ第二位という成績を納めています。

アジア地域におけるグローバルビジネス展開は世界的にも注目をされているところで、特に低所得者層に向けたどのようなビジネスをしていくかということに関しては、最先端の現場研究をすることができるでしょう。

シンガポールの強みは公用語が英語であるということで、外国からの留学生が学習しやすいというところが評価されています。

MBA取得ができるまでの学費はだいたい年間で500万円程度と決して安い金額ではないのですが、それでも一流のビジネスを学びたいということで世界各国から多くの人が訪れているのです。