親が留学に賛成してくれない時の解決方法

留学に関する不安をまずは取り除く

2004年度には年間に8.3万人が日本から海外への留学を行っていたものの、その数は年々減少を続け2009年には6.0万人にまで落ち込んでしまいました。

日本人高校生の海外留学数は特に急激な減少傾向が見られており、学生本人が「留学したいと思わない」と考える割合も増加傾向にあります。

そうした全体数の減少は長引く経済的な不況も関係しているのかもしれませんが、それ以上に勉強をする学生本人もそれを支える立場にある親も冒険することを嫌う安定志向に傾いていることが最も大きな要因ではないかと考えられます。

ですのでこれから高校卒業を控えている学生が将来の選択肢として留学を選ぶという場合、必ずしも諸手を挙げて両親が賛成をしてくれるとは限りません。

留学をするとなると、簡単に地元に帰ってくることができない遠方で生活をすることになってしまいますし、ほとんどの場合国内の大学に進学するよりも多額の費用がかかることになります。

しかし本気で留学をしたいと考えているならばその本気を両親に丁寧に伝えるようにし、自分の道を応援してくれるようにお願いする必要があります。

最初の段階で強く否定されたからといってそこですぐに諦めるのではなく、まずは「なぜ反対するのか」「どうすれば賛成してもらえるのか」ということを丁寧に考えていきましょう。

留学をすることによるメリットとは?

留学に頭ごなしに反対する両親の多くが気にしているのは「よくわからないところに子供を送る不安」があるからです。
例えば既に行き先である海外の都市に知り合いが住んでいたり、あるいは自分や身近な人が既に留学を経験しているならば、心理的な抵抗感はかなり低くなることでしょう。

人はどんなことであっても自分が全く知らない分野に足を突っ込もうとしなければならないときには最初に拒絶反応を示すものです。

なのでもし特に理由もなく留学に反対されてしまった場合には、留学先の学校や宿泊先の情報をしっかりと集め、そこでどういった生活をしていくことになるかということを明確にしてあげましょう。
金銭的な問題についても先に同様の留学をした人の例を紹介すればだいたいいくらくらいが必要になるかが明確になります。

そして最も大切なのが、留学をすることで自分にどういったメリットが将来的にあるかということを説明するということです。
留学をすることによって得られることは、「語学力」だけでなく「多文化の理解」や「国をまたいだ人脈づくり」そして日本国内では実現の難しい「型にはまらない発想力」です。

もちろん留学をすれば無条件で上記のことが身につくわけではないのですが、少なくともそれを身につける熱意があるということを示すことでかなり説得力を増すことができます。