社会人になってから留学することについて

社会人になってからでも遅くない

留学には興味があったけれども、高校生や大学生のときには毎日の勉強で手一杯で留学を選択することができなかったという人も潜在的に多くいるのではないでしょうか。

あるいは普通に学校を卒業して就職もしたけれども、仕事の内容が物足りずこのままの自分ではいけないという閉塞感を感じてしまっているという人も、留学という選択が視野に入ってくるのではないかと思います。

海外留学をする人の多くは高等学校を卒業するタイミングで海外の学校に進学するか、もしくは国内の大学に進学しつつ交換留学や休学という形で一時的に海外の学校に入学するという方法をとっています。

しかし海外の学校では一旦学校を卒業して就職した人が再び学校に入るという行動は全く珍しいものではなく、社会人向けの留学生枠も多く用意されています。

むしろ日本的な寄り道なしのキャリア形成をしているところの方が珍しいくらいなので、経済面や日程面など状況が許されるならどんどん留学など学問の場に戻ることはしていくべきと言えます。

社会人になってからの留学のよいところは、必要な費用を両親などに頼らず自分で用意することができるのでかなり自由度が高い選択ができるということです。

また留学をすることで得られるスキルは国内の学校や企業で取得できるものとは全く種類の異なるものなので、帰国後の働き方や人生設計にも大きな影響を与えます。

海外へ留学することでしか取得できない資格を得ることで国内で他の人にはできない業務を担当することもできるので、もっと自分らしく個性を生かした働き方をしたいという人にとってもおすすめです。

留学することで得られるスキルとは

海外留学をすることで得られるビジネススキルとしては、「英語力・語学力」のほか「コミュニケーション能力」「異文化適応力」「積極性」といったものが挙げられます。

いくら国内の語学試験で高いスコアをとることができたとしても、実際に外国人を目の前にしたり、電話で応対するときにその能力を活かすことができるかどうかは別の問題です。

日本においてはまだまだビジネスの場で海外の人と触れ合う機会が少ないので、語学力は十分にあるのに積極的な交渉ができないということもよくあります。

しかし留学をして海外の大学や専門学校の授業をうけてみると、日本の大学でよく見る景色のように傾聴一方ではない積極的な参加が求められるのでかなり自分から行動する力が身につきます。

何よりも日本国内の文化に染まりすぎていると、シビアに考えるべきビジネスの場面で企業の風習に従い非効率な行動をすることに疑問を持たなくなってしまいます。

間違っていることにはっきりNoを言えるようにするということこそが、社会人になってから海外留学をする最大の目的と言えるかもしれません。