【留学先におすすめの国】イギリス

イギリス留学の特長とメリット

古き良き伝統を重視するヨーロッパで特に長い歴史を持つ国がイギリスです。
日本では「イギリス」とひとまとめにして呼ぶことが多いですが、本来の名称は「United Kingdom」でイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドといった別々の自治区が連合をした形となっています。

首都であるロンドンは世界の流行や金融をリードする重要な都市となっており、約750万人の人が生活をしています。
イギリスことUKは歴史的にも数多くの文化を作り上げてきた場所でもあり、音楽・文学・絵画・演劇その他数多くの芸術作品がロンドンから発信されていきました。

イギリス留学をするということは英語習得が主な目的であると同時に、そうした世界的な文化を身をもって体験するということでもあります。

特別に博物館や美術館といったところに足を運ばなくても、町並みを少し歩いただけでもそうした文化の片鱗を感じることができるのが最大のメリットと言えます。

イギリス国内には約100校の大学があり、1校を除き全てが国立として運営されています。
それぞれの大学で専攻できる科目は科学分野や芸術分野、ビジネスや金融など非常に多岐にわたり、かつ高いレベルが維持されています。
大学での講義の大きな特長となっているのがチュートリアル式と言われる方法で、教授と個人で対峙しながら学習をしていきます。

イギリス留学の方法・学校選び

ヨーロッパでの留学全般の特長となっているのが、事前に非常に高いレベルの語学力が求められるということです。
1~2週間程度の短期留学の場合には語学の専門学校に入るので特に事前に英語スキルを示す書類を提出する必要はないのですが、大学では語学取得そのものを目的とする留学は基本的にはありません。

これは留学生だけでなくイギリスに居住する人にとっても同様で、義務教育の最終年度となる16歳(11年生)の時点でG.C.S.Eという全国統一試験を受験してそれに合格をすることでようやく義務教育修了として扱われます。

留学希望時に十分な英語力がないという場合には、大学以外の語学学校で語学だけを先に集中的に勉強しそこで及第点をとることで大学に入学することができます。

留学生のみが入学できる大学入学資格を得るためのスクールとしてファウンデーションコースというものが用意されているので、そちらを受けることで日本で言う大学入学資格にあたる大検を獲得したことになります。

イギリスの学校での新学期は9月からとなっているので、3月に日本の高校卒業をしてイギリス留学をしたいという人は4月からイギリスの語学学校に通うことで9月入学をすることができるでしょう。